ログの設定

ログのファイル

Fess が出力するログファイルを以下にまとめます。

Table: ログファイル一覧 (webapps/fess/WEB-INF/logs)

ファイル名 内容
fess.out 管理画面や検索画面で操作した時のログなどが出力される。
fess_crawler.out クロール時のログ。クロール実行時のログが出力される。

Table: ログファイル一覧 (logs)

ファイル名 内容
catalina.out Tomcatのログ。Tomcat 関連のログが出力される。
solr.log Solrのログ。Solr 関連のログが出力される。

動作に問題が発生した場合には上記のログを確認してください。

ログの設定

ログを出力する内容は、webapps/fess/WEB-INF/classes/log4j.xml で設定します。デフォルトでは INFO レベルとして出力しています。

たとえば、 Fess が Solr に対してドキュメントを投入処理をするログをより出力したい場合は log4j.xml で以下の部分をコメントアウトから外します。

<logger name="jp.sf.fess.solr">
    <level value ="debug" />
</logger>

ログ出力に関する細かい設定が必要な場合は、Log4J のドキュメントを参照してください。

クロールの通信内容

問題解決するために、クロール時の HTTP アクセスの内容を確認したい場合は、HttpClient のログレベルを変更することで確認することができます。

<logger name="org.apache.http">
    <level value ="debug" />
</logger>

debugログの出力方法

priorityタグのvalue属性をinfoからdebugに変更しクロールする事で、全てのdebugログを出力する事ができます。

<priority value="debug"/>