起動および停止方法

起動方法

TAR.GZ/ZIP版の場合 (Elasticsearch)

Fess を起動する前に Elasticsearch を起動する必要があります。

Windows 環境で Elasticsearch を起動するには、 bin フォルダ中の elasticsearch.bat をダブルクリックします。 Linux/Mac環境では、以下のコマンドを実行します。

$ cd $ES_HOME
$ ./bin/elasticsearch

次に Fess を起動します。Windows 環境で Fess を起動するには、 bin フォルダ中の fess.bat をダブルクリックします。 Linux/Mac環境では、以下のコマンドを実行します。

$ cd $FESS_HOME
$ ./bin/fess

TAR.GZ版の場合 (OpenSearch)

Fess を起動する前にOpenSearchを起動する必要があります。

以下のコマンドを実行します。

$ cd $OPENSEARCH_HOME
$ ./bin/opensearch

次に Fess を起動します。以下のコマンドを実行します。

$ cd $FESS_HOME
$ ./bin/fess

RPM/DEB版の場合 (chkconfig)

Fess を起動する前に Elasticsearch を起動する必要があります。

$ sudo service elasticsearch start

次に Fess を起動します。

$ sudo service fess start

RPM/DEB版の場合 (systemd)

Fess を起動する前に Elasticsearch を起動する必要があります。

$ sudo systemctl start elasticsearch.service

次に Fess を起動します。

$ sudo systemctl start fess.service

Docker版の場合 (Elasticsearch)

以下のコマンドを実行して、Elasticsearch と Fess を起動します。

$ docker-compose -f docker-compose.yml -f docker-compose.standalone.yml up -d

Docker版の場合 (OpenSearch)

以下のコマンドを実行して、OpenSearchと Fess を起動します。

$ docker-compose --env-file .env.opensearch -f docker-compose.yml -f docker-compose.opensearch.yml up -d

ブラウザー UI へのアクセス

Fess は http://localhost:8080/ で利用可能です。

管理 UI は http://localhost:8080/admin です。 デフォルトの管理者アカウントのユーザー名/パスワードは、admin/admin になります。 管理 UI のユーザーページでパスワードを変えることができます。

停止方法

TAR.GZ/ZIP版の場合

Fess サーバーを停止させるには Fess のプロセスを kill します。

RPM/DEB版の場合 (chkconfig)

Fess サーバーを停止させるには次のコマンドを入力します。

$ sudo service fess stop

RPM/DEB版の場合 (systemd)

Fess サーバーを停止させるには次のコマンドを入力します。

$ sudo systemctl stop fess.service

Docker版の場合 (Elasticsearch)

以下のコマンドを実行して、Elasticsearch と Fess を停止します。

$ docker-compose -f docker-compose.yml -f docker-compose.standalone.yml down

Docker版の場合 (OpenSearch)

以下のコマンドを実行して、OpenSearchと Fess を停止します。

$ docker-compose --env-file .env.opensearch -f docker-compose.yml -f docker-compose.opensearch.yml down