ポート変更

ポートの変更

Fess がデフォルトで利用するポートは 8080 になります。 変更するには以下の手順で変更します。

Tomcat のポート変更

Fess が利用している Tomcat のポートを変更します。 変更は conf/server.xml に記述されている以下のものを変更します。

  • 8080: HTTP アクセスポート
  • 8005: シャットダウンポート
  • 8009: AJP ポート
  • 8443: SSL の HTTP アクセスポート (デフォルトは無効)
  • 19092: データベースポート(h2databaseが利用)

Solr の設定

標準構成では、Solr も同じ Tomcat の設定を利用しているので、Tomcat のポートを変更した場合は、 Fess の Solr サーバーの参照先情報も変更する必要があります。 webapps/fess/WEB-INF/classes/fess_solr.dicon を変更します。

<arg>"http://localhost:8080/solr"</arg>

注: Tomcat のポートを変更した場合は上記のポートを同様に変更しないと、Solr サーバーにアクセスできないために検索画面やインデックス更新時にエラーが表示されます。