ファイルクロール

概要

ファイルクロールの設定ページでは、ファイルシステム上や共有されているネットワーク上のフォルダのファイルをクロールする設定を管理することができます。

管理方法

表示方法

下図のファイルクロール設定を行うための一覧ページを開くには、左メニューの [クローラ > ファイルシステム] をクリックします。

image0

編集するには設定名をクリックします。

設定の作成

ファイルクロールの設定ページを開くには新規作成ボタンをクリックします。

image1

設定項目

名前

設定の名前です。

パス

このパスでは、クロールを開始する場所を指定します(例: file:/ または smb://)。

クロール対象とするパス

この項目で指定した正規表現(Javaフォーマット)にマッチするものは Fess クローラーの対象となります。

クロール対象から除外するパス

この項目で指定した正規表現(Javaフォーマット)にマッチするものは Fess クローラーの対象となりません。

検索対象とするパス

この項目で指定した正規表現(Javaフォーマット)にマッチするものは Fess インデクサーの対象となります。

検索対象から除外するパス

深さ

クロールするファイルシステム構造の深さを指定します。

最大アクセス数

インデックスするパスの数を指定します。

スレッド数

この設定のために使用するスレッドの数を指定します。

間隔

スレッドがパスをクロールするごとに待機する時間を指定します。

ブースト値

ブースト値とは、この設定によってインデックスされたドキュメントの優先度です。

パーミッション

この設定のパーミッションを指定します。 パーミッションの指定方法は、たとえば、developerグループに属するユーザーに検索結果を表示させるためには{group}developerと指定します。 ユーザー単位の指定は{user}ユーザー名、ロール単位の指定は{role}ロール名、グループ単位の指定は{group}グループ名で指定します。

仮想ホスト

仮想ホストのホスト名を指定します。 詳しくは 仮想ホスト を参照してください。

ラベル

この設定のラベルを指定します。

状態

この設定が有効であるとき、デフォルトクローラーのジョブはこの設定を含んでクロールを行います。

設定の削除

一覧ページの設定名をクリックし、削除ボタンをクリックすると確認画面が表示されます。削除ボタンを押すと設定が削除されます。

ローカルファイルをクロール

/home/share 下のファイルをクロールするならば、設定は以下のようになります。

名前
名前 Share ディレクトリ
パス file:/home/share

他のパラメータはデフォルトの設定で構いません。

Windowsの共有フォルダをクロール

\SERVERSharedFolder 下のファイルをクロールするならば、設定は以下のようになります。

名前
名前 共有フォルダ
パス smb://SERVER/SharedFolder/

共有フォルダのアクセスに ユーザー名/パスワード が必要ならば、左メニューの [クローラ>ファイル認証] からファイル認証の設定を作成する必要があります。 その際の設定は以下のようになります。

名前
ホスト名 SERVER
スキーム SAMBA
ユーザー名 (入力してください)
パスワード (入力してください)