Windowsサービスへの登録

Windowsサービスとしての登録

Fess を Windows のサービスとして登録することができます。 Fess を動かすには、Elasticsearch を起動しておく必要があります。 ここでは Fess を c:\opt\fess に、Elasticsearch を c:\opt\elasticsearch にインストールしてあるものとします。

事前準備

システムの環境変数として JAVA_HOME を設定してください。

Elasticsearchをサービスとして登録

コマンドプロンプトから c:\opt\elasticsearch\bin\elasticsearch-service.bat を管理者で実行します。
> cd c:\opt\elasticsearch\bin
> elasticsearch-service.bat install
...
The service 'elasticsearch-service-x64' has been installed.

詳細は Elasticsearch のドキュメント を参照してください。

設定

c:\opt\fess\bin\fess.in.bat を編集して ES_HOME に Elasticsearch のインストール先を設定します。

set ES_HOME=c:/opt/elasticsearch

Fess の検索画面、管理画面のデフォルトのポート番号は 8080 になっています。80 番に変更する場合は c:\opt\fess\bin\fess.bat の fess.port を変更します。

set FESS_JAVA_OPTS=%FESS_JAVA_OPTS% -Dfess.port=80

登録方法

コマンドプロンプトから c:\opt\fess\bin\service.bat を管理者で実行します。

> cd c:\opt\fess\bin
> service.bat install
...
The service 'fess-service-x64' has been installed.

サービスの設定

サービスを手動で起動する場合は Elasticsearch サービスを先に起動し、その後 Fess サービスを起動します。 自動起動する場合は依存関係を追加します。

  1. サービスの全般設定でスタートアップの種類を「自動(遅延開始)」とします。
  2. サービスの依存関係はレジストリで設定します。

レジストリエディタ(regedit)で下記のキーと値を追加します。

キー コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services \fess-service-x64\DependOnService
elasticsearch-service-x64

追加すると、 Fess サービスのプロパティの依存関係に elasticsearch-service-x64 が表示されます。