サムネイル画像の設定

サムネイル画像の表示

Fess では検索結果のサムネイル画像を表示することができます。 サムネイル画像は検索結果のMIME Typeを元に生成されます。 サポートしているMIME Typeであれば、検索結果の表示時にサムネイル画像を生成します。 サムネイル画像を生成する処理はMIME Typeごとに設定して追加することができます。

サムネイル画像を表示するためには、管理者としてログインして、全般の設定でサムネイル表示を有効にして保存してください。

HTMLファイルのサムネイル画像

HTMLのサムネイル画像はphantomjsを用いて生成されます。 Fess がphantomjsコマンドを検出できた場合は自動で利用されます。

コマンドパスの指定

phantomjsのコマンドパスを明示的に指定したい場合、$FESS_HOME/app/WEB-INF/classes/fess_thumbnail.xml の${path}/phantomjsの箇所を変更してください。

<component name="htmlThumbnailGenerator" class="org.codelibs.fess.thumbnail.impl.WebDriverGenerator">
    <property name="generatorList">
        ["${path}/phantomjs"]
    </property>
    <property name="webDriverCapabilities">
        <component class="org.openqa.selenium.remote.DesiredCapabilities">
            <postConstruct name="setCapability">
                <arg>"phantomjs.binary.path"</arg>
                <arg>"${path}/phantomjs"</arg>
            </postConstruct>
        </component>
    </property>
    <postConstruct name="addCondition">
        <arg>"mimetype"</arg>
        <arg>"text/html"</arg>
    </postConstruct>
</component>

MS Officeファイルのサムネイル画像

MS Office系のサムネイル画像は LibreOffice および ImageMagick を用いて生成されます。 unoconv と convert コマンドがインストールされている場合、サムネイル画像が生成されます。

パッケージのインストール

Redhat系OSの場合、画像の作成用に以下のパッケージをインストールします。

$ sudo yum install unoconv libreoffice-headless vlgothic-fonts ImageMagick

生成スクリプト

RPM/Debパッケージでインストールすると、MS Office用のサムネイル生成スクリプトは/usr/share/fess/bin/generate-thumbnailにインストールされます。