ラベルの設定

概要

ここでは、ラベルに関する設定について説明します。 ラベルはクロール設定で選択することで、検索結果に表示されるドキュメントを分類することができます。 また、クロール設定で設定していない場合でもラベルの設定でラベルを付加するパスを正規表現で指定することができます。 ラベルを登録している場合には、検索オプション内にラベルのプルダウンボックスが表示されます。

管理方法

表示方法

下図のラベルの設定一覧ページを開くには、左メニューの [クローラ > ラベル] をクリックします。

image0

編集するには設定名をクリックします。

設定の作成

ラベルの設定ページを開くには新規作成ボタンをクリックします。

image1

設定項目

名前

検索時のラベル選択プルダウンボックスに表示される名前を指定します。

ドキュメントを分類するときの識別子を指定します。 英数字で指定してください。

対象とするパス

ラベルを付加するパスを正規表現で設定します。 複数行記述することで複数指定することができます。 ここで指定したパスにマッチするドキュメントはクロール設定にかかわらず、ラベルが設定されます。

除外するパス

クロール対象とするパスで対象から除外したいものを正規表現で設定します。 複数行記述することで複数指定することができます。

ロール

ラベルを表示するロールを指定します。 ロールの指定方法は、たとえば、developerグループに属するユーザーに検索結果を表示させるためには{group}developerと指定します。 ユーザー単位の指定は{user}ユーザー名、ロール単位の指定は{role}ロール名、グループ単位の指定は{group}グループ名で指定します。

表示順序

ラベルの表示順を指定します。

設定の削除

一覧ページの設定名をクリックし、削除ボタンをクリックすると確認画面が表示されます。 削除ボタンを押すと設定が削除されます。